ブログ

Blog

2021.07.03

脾臓に腫瘍ができているかも episodeⅡ

手術をするべきか

脾臓に腫瘤が見つかったのなら、
取るべき手段は、
  • 脾臓を全部(もしくは一部)切除する
  • 経過をみる

どちらかになるでしょう。

手術を考えるべきは

脾臓に腫瘤が見つかったからと言って、
絶対に、すぐに、手術をするべきなのでしょうか。
すぐに、もしくは早めに手術をした方がいいのは、
  • そもそも腫瘤が大きい
  • 悪性の可能性が高い
  • いつ破裂してもおかしくない状態だ
  • すでに破裂している
  • 過去に破裂した形跡がある

でしょうか。

実際の例で考えてみました
例えば、この脾臓を見てください。
脾臓 3D
この脾臓には、結構大きな腫瘤ができています。
どこかは、わかりますよね。
脾臓 3D マス強調
緑色で強調してみました。
この腫瘤は、かなり大きいし、だからいつ破裂してもおかしくないので、
手術で脾臓を摘出するべきでしょう。
さて、次の脾臓を見てください。
脾臓 腫瘤 3D  内部
この脾臓、1個目の脾臓に比べると、
ボコッとした、大きな腫瘤はありません。
でも、脾臓の中に腫瘤ができていそうです。
脾臓の存在感を抑えてみました。
脾臓 腫瘤 3D 内部 強調
ほらね、脾臓の中に腫瘤がありました。
これはどうでしょうか。
腫瘤は大きめだけど、今すぐ破裂しそうにはありません。
明らかに悪性って感じでもなさそうです。
ただ、数mmならいいけれど、このように数cmを超えた腫瘤は、
今後大きくなった時に、困ったことになるでしょう。
絶対に悪性ではない、とも言い切れないので。

経過をみるのなら

腫瘤がそれなりに小さく、脾臓の表面にできていない場合には、
すぐに破裂する心配はないでしょう。
よほど悪性を疑わない限り、
「すぐに手術」とはならないかもしれません。
ただ、放っておいてはいけません。
定期的なチェックを必ず行うべきでしょう。