ブログ

Blog

2021.06.29

脾臓に腫瘍ができているかも

脾臓に腫瘤(しゅりゅう)が見つかりました

脾臓にできものがみつかることがあります。

脾臓 腫瘤 超音波

そこまで珍しいことではないのですが、

どのように捉えたらいいのでしょうか。

ちなみに・・・

腫瘤(しゅりゅう)は、いわゆる「できもの」全般をイメージしてください。

腫瘍(しゅよう)は、いわゆる「しゅよう」です。良性と悪性があります。

「できもの」があったからと言って、必ずしも腫瘍ではないのです。

そうです、腫瘍以外の「できもの」があるのです。

腫瘤より小さいものを結節(けっせつ)なんて呼ぶこともあります。

どのようにして見つかるの?

いくつかのパターンがあります。

その① 触診でたまたま見つかるパターン

これ、例えばワクチンなどに診察の際に、お腹の触診を行います。

「あれ?なんだかお腹に固いものがさわれるぞ」

そんなことがあるのです。実際にあるのです。

この場合、腫瘤は、ある程度の大きさになっている必要があります。

流石に、あまり小さいと、触って見つけることはできません。

その② 症状が出て見つかるパターン

どのような症状かと言うと、

  • お腹が膨らんできた
  • 倒れた
  • 呼吸が急に粗くなって、舌が白い

などなど。

お腹が膨らむくらいに、腫瘤が大きいのでしょう。

倒れたり、呼吸が粗くなるのは、腫瘤が破裂したのかも。

この場合、腫瘤は、とても大きいと推測されます。

危険な状態でしょう。

その③ 健康診断でみつかるパターン

健康診断は、やはり受けておくべきですね。自分自身、耳が痛いですね。

脾臓の超音波検査で見つかることがあります。

脾臓 腫瘤 超音波

こんな感じです。冒頭の写真と同じものです。

脾臓 腫瘤 超音波 ペイント

オレンジの線で挟まれた部分が、脾臓です。

黄色で囲ったところに、腫瘤が見つかりました。

さらに、

脾臓 腫瘤 超音波 2

こんな感じです。

脾臓 腫瘤 超音波 2 ペイント

オレンジの線で挟まれた脾臓に、黄色で囲った腫瘤が見つかっています。

この程度の腫瘤であれば、触診でも気付けないし、

症状も出ないことが多いので、

超音波検査でもしない限り見つけるのは困難でしょう。

その④ CT検査でたまたま見つかるパターン

これは、番外編といえるでしょうか。

他の病気の検査のために、CT検査を行った際に、

脾臓に腫瘤が見つかることがあります。

脾臓 腫瘤CT

こんな感じです。

脾臓 腫瘤CT ペイント

オレンジでの線で囲った脾臓の中に、黄色で囲った腫瘤が見つかりました。

番外編とは言うものの、実際にはCT検査で見つかるケースも多いのです。

さて、このようにいろんなパターンで見つかる脾臓の腫瘤ですが、

どうしたらいいのでしょうか。

ここからが本題ですが、長くなってきたので、

「つづく」とします。