ブログ

Blog

2020.07.09

診察って、診断って、どうしているの その2

「下痢をしています」

次にどうするかです。
「なんでもかんでもとりあえず、下痢止めで様子を見る」
「なんでもかんでも検査、検査」
とういうスタンスはとらないとして、
まずは、状態の把握です。
診察風景1
そもそも、イヌ?ネコ?
犬種は?猫種は?
年齢は?雄?雌?手術歴は?
いつから?頻度は?便の程度は?
悪化傾向?良化傾向?
元気・食欲は?嘔吐は?
等々を聴取します。
そこから、治療の方針を決めます。
例えば、
若い犬で、重度でない下痢で、元気・食欲がある。
これは、下痢止めでみてもいいかもしれません。
例えば、
柴犬で、下痢が続いていて、体重が落ちてきている。
これは、最初からしっかり検査をしていった方が良さそうです。
中程度の下痢の場合、
どう考えていくのがいいでしょうか。
つづく