ブログ

Blog

2020.07.14

診察って、診断って、どうしているの その3

飼い主さんの稟告(経緯や症状)を

聞き終わった後、
検査の内容を考え
診断への道筋をたてます。
処置 採血
その際に、
重要なのが
「類症鑑別」です。
「類症鑑別」というのは、
その症状を起こしている原因(疾患)とてして
可能性があるものを考えることです。
例えば、「下痢」なら
腸炎、腸の腫瘍、腎臓の病気、寄生虫感染、等々。
原因の可能性を考えることです。
もっと、例えば、「お腹がすいた」なら、
ダイエット中、寝坊して朝ご飯抜いた、成長期、昼の12時だから、等々。
原因の可能性を考えることです。
余計に、わかりにくくなりました。
そうです、例えば「下痢」なら、
その原因(疾患)をどれだけ考えられるかが、
その獣医師の知識や経験にかかってきます。
知識が足りなければ、
本を調べるのも重要です。
さて、
「類症鑑別」をたてて、
その次にどうするか・・・
つづく