ブログ

Blog

2020.07.19

診察って、診断って、どうしているの その4

前回は、

下痢の「類症鑑別」を挙げるところまで
説明しました。
診察風景2
さて、
「類症鑑別」とは実際どういうものかと言うと・・・
下痢の類症鑑別
獣医師向けの専門雑誌「SA Medicine」からの抜粋です。
下痢と言っても、
これだけだけの可能性があるのです。
その次のステップが問題です。
①類症鑑別の全てを調べる
②各病院のマニュアルに則って調べていく
③可能性の高いものから調べていく
④狙い撃ちしていく
等の方法があります。
経験のない、もしくは、浅い獣医師は、
自分で調べての方法を取りがちです。
なんでもかんでも調べようとすると、
時間はかかるし、検査費用はかさむし、
たとえ診断にたどり着いたとしても、
口コミサイトに
「高い」とか「すぐに検査を勧めてくる」とか
書かれることになりかねません。
また、病院によっては
経験のない、もしくは、浅い獣医師に対し、
を作成している場合もあります。
誰でもが、の方法を取り易くしていますが、
自由度がなく、
診断が外れた場合には、
軌道修正が困難です。
またまた、口コミサイトに
「ぜんぜんよくならない」とか「説明が何を言っているのかわからない」とか
書かれることになりかねません。
長くなったので、つづきます・・・