ブログ

Blog

2020.07.20

診察って、診断って、どうしているの その5

前回、診察には

だいたい4つのパターンがあると
書きました。
今回は、からのお話です。
③可能性の高いものから調べていく
です。
本を探す男
今回は「下痢」を例に説明していますが、
下痢の可能性として、
前回と同じものを載せます・・・
下痢の類症鑑別
雑誌の抜粋です。
「下痢」の原因を考えるにしても、
上の表の全てが
同じくらいの頻度で起こるわけではありません。
例えば、
右の一番下に記載されている
「カルチノイド症候群」なんて
見たことありません。
「下痢なんです」と言われて、
いきなり「カルチノイド症候群」の可能性を調べよう。
なんて、
現実的ではありません。
なので、
「下痢」の原因を考える際に、
可能性の高いもの3~5個くらいを
まず疑っていく診察方法が
になります。
われわれが、
普段の診察で
よく遭遇する「下痢」は
の方法でだいたい治ります。
もちろん、
そのワンちゃん、ネコちゃんの状態によって
可能性の高いもの(3~5個)は、
変わります。
その部分に関しては、
知識と経験がものをいいます。
可能性の高いものから
調べて行っても、
稀なものだった
ということもあります。
それを見落とさないために、
再診をかけますし、
良くならなければ教えてね、
を心がけます。
これを心がけておかないと、
治らなかった時に、
「治療したけど治らなかった、他の病院に行ったらすぐに治った」
と口コミサイトに書かれてしまいます。
ある程度の可能性を調べた後に、
他の病院に行ってしまった場合には、
その次の可能性から調べられるので、
次の病院は有利なこともあるんだと。
次回④です。