ブログ

Blog

2020.07.23

診察って、診断って、どうしているの その6

さて、

診察方法の最後のに関してです。
④狙い撃ちしていく
です。
症状や状態、犬種などから
「これだろう」
決めてかかる診察方法です。
レントゲンを見ている
あくまで私見ですが(あくまで)、
獣医師になって2~3年経過すると、
ある程度の診察・診断が出来るようになり、
わかった気になる時期があるように思います。
私もそういう時期があったように思います。
そんな時期、
決めてかかりがちです(全ての獣医師が、ではありませんよ)。
なまじ成功すると、
拍車がかかりがちです。
これは、なかなか
ハイリスク・ハイリターンな診察方法なのです。
当たれば、「名医」なのでしょう。
外れれば、「迷路」に陥ります。
口コミサイトにも
特別良い評価と悪い評価が乱立するかもしれません。
もちろん、
経験とともに、
この診察方法の精度は上がります。
今でも、
「この症状でこの状態なら、これだろう」と
思うことは多いですが、
必ず他の可能性も考える(の方法)、
もしくは、
本当にその診断で矛盾がないか考える
ようにしています。