ブログ

Blog

2020.07.25

診察って、診断って、どうしているの その7

新人の獣医師には②を取る時もありますが、

基本的には③の方法を取っています。
なかなか治らなかったり、
症状が「なんだかおかしい」場合には、
①の方法を取ることもあります。
スタッフのネコ2
さて、
③可能性の高いものから調べていく
ですが、
実際どう考えるのでしょう。
例えば、
犬、生後4か月、3日前にペットショップから家に迎えた
元気食欲あり、昨日から下痢
この場合、
①感染症(寄生虫、ウイルス等)
②食事関係(食事の変更、過食等)
③異物
でしょうか。
例えば、
柴犬、10歳、1か月前から下痢、体重減少
この場合、
①腫瘍性疾患
②炎症性腸疾患
でしょうか。
それぞれ、
まず可能性の高いもの、
見逃すといけないもの、
を列挙するようにします。