ブログ

Blog

2020.07.08

診察って、診断って、どうしているの

私たち獣医師が、

診察の中で、検査を行い、
診断をします。
まず、診断をしてから
治療をするのが、基本です(例外はありますが)。
さて、
実際に私たちが
どのように考えて、診察をしているのか、
何回かに分けて書いてみようと思います。
診察風景1
「下痢をしました。」
このような主訴があった場合に、
どうしたらいいのでしょうか。
最も簡単なのは、
「下痢止めを処方して、下痢が治まるかみる」です。
実は、たいていの下痢は
これで治ってしまいます。
でも、
これでは治らないことがあります。
それを見落とさず、診断にもっていけるかが、
獣医師の腕の見せ所であり、
その獣医師の、もしくはその病院のスタンスに
かかってきます。
さて、
病院のスタンスとは、なんでしょうか。
例えば、
「下痢なら、とりあえず下痢止めを出す」
「たとえ下痢でも、しっかり検査をする」
「その獣医師の判断にまかせる」
等々。
病院によって、
治療方針とよばれる
診察を行う上でのスタンスが、
存在します。
ここでは、上の二つのスタンスは無視して、
「獣医師の判断にまかされた」として、
話を進めます。
つづく