ブログ

Blog

2021.02.23

診察で模型を使う

診察で病気の説明等を行う際に、
できるだけわかり易くできるかという葛藤が常にあります。
専門用語は使わない、とか
略語は避ける、とか
紙やホワイトボードに書く、とか
内容により様々な工夫をする必要があります。
その中に、
模型を使用することもあります。
心臓模型
これは、
ワンちゃんの心臓の模型です。
割って中を見ることもできるので、
「ここが左の部屋で、ここから血液が流れて・・・」
そんな説明をします。
この模型は、
心臓薬の景品でメーカーからいただいたものです。
模型には、
買うものと、
このように景品でもらうものとが
あります。
心音模型
この箱も、
心臓薬の景品でもらったものです。
ボタンを押すと、
心臓の音が聞こえるのです。
正常な心臓の音から、
異常な心臓の音まで
段階的に聞こえてきます。
残念ながら、
私自身は、診察で使用したことがありません。
もしこのブログの読者で、
この心臓の音を聞きたいという方がいたら、
診察の時に獣医師に言ってみてください。
聞いてもらえるかもしれませんよ。