ブログ

Blog

2021.07.04

誤食 ~何か食べちゃった~ episodeⅡ

動物病院では、どんなことをするの

明らかに誤食があった場合に病院では、
  • 吐かせる
  • 内視鏡を使って取り出す
  • 開腹手術を行う
  • 経過をみる

どれかの手段をとることになるでしょう。

吐かせる
これは、誤食したものが胃の中にある場合に限られます。
胃から流れてしまったものを吐かせることはできません。
ただし、注意しないといけないのは、「吐かせるための薬」があるわけではなく、
なんらかの薬の副作用で吐かせるという点です。
吐かせる処置によって、命に関わる例も報告されています。
内視鏡を使って取り出す
これは、誤食したものが胃の中にある場合と、食道に詰まっている場合にも有効でしょう。
内視鏡 竹串
このように、胃の中にある竹串を取り除いたり。
内視鏡 胃内異物2
このように、何かがいろいろ入っていたり。
食道にも、誤食したものが詰まることもあります。
食道内異物
食道の奥に、何かが詰まっています。
実はこれ、「おやつ」でした。
大きなおやつや固いおやつは、詰まる可能性があるので注意です。
開腹手術を行う
誤食したものが胃の中にあったとしても、
吐けなかったり、内視鏡でも取り出せなかったりすると、お腹を開くしかないでしょう。
また、胃を過ぎて腸で詰まった場合には、お腹を開くしかないでしょう。
手術 腸閉塞
暗い写真で見えにくいですが、矢印のところで、
腸の中に何かが詰まっています。
腸の色も悪いですね。
経過をみる
誤食したものに毒性がなく、そのまま便と一緒に出てくる可能性がある場合、
経過をみることもあるでしょう。
吐かせても出てこなくて、手術は極力避けたいなんて時にも。
ただ、便と一緒に出なくて、
腸に詰まった場合には、緊急で手術になる危険性もありえる選択肢でしょう。