ブログ

Blog

2021.07.13

誤食 ~何か食べちゃった~ episodeⅣ

開腹手術の判断

誤食したからと言って、必ず開腹手術とはなりません。
吐いて出ることもあるでしょう、
便とともに出ることもあるでしょう、
内視鏡で取り出せることもあるでしょう。
それらで出なかった場合、
出なさそうな場合、
腸に詰まっている場合、
開腹手術が必要になります。
実際に誤食して、それが腸に詰まっていて、吐き続けている。
そんな場合でも、本当に手術が必要か迷う場面も多い。

開腹手術の判断にCT検査

明らかに、腸に詰まっているような場合、
迷わずに回復手術でしょう。
  • 若い犬や猫が吐き続けていて、他にこれといった疾患がない
  • 以前にも誤食歴がある、今回もあやしい
  • 「変な物は食べていません」って言うけど、あやしい
  • 吐いていて食欲がなく、点滴してたけど、一向に良くならない

とにかく「あやしいぞ」って場面は、多々あります。

もちろん、その全てで手術が必要なわけではありません。
「お腹開いたけど、何もありませんでした」ってわけにもいきません。
そこで、CT検査が有効打になることがあります。
実際の事例
このワンちゃんも吐き続けていて、食欲がなくなっていました。
「誤食の可能性は、はっきりしない」だそうです。
腸管内異物
仰向けのCT画像です。
よく見てください、白い管に見えるのが小腸で、途中が黒い塊があるように見えませんか?
空腸 異物 3D
こんな画像はいかがでしょうか。
骨と内臓だけ見えるようにしてみました。
空腸 異物 3D 異物強調
緑色に強調しています。
 
子供用の水筒のゴム製のパッキン的なものだそうです。
お家に小さい子供がいるご家庭は、
誤食の危険性を注意した方が良いでしょう。
小さいおもちゃを食べてしまったり、
子供のおやつやごはんをたべてしまったり。
もう一つ、実際の事例
このワンちゃんも吐いて、食欲がなくなって。
結腸内 異物 断面_001
お腹の中に、やたらと白く見える紐みたいな影が見えます。
結腸内異物 3D 1_001
こんな感じでしょうか。
腸を透けさせてみましょう。
結腸内 異物 3D 2_001
どうでしょうか。
腸の中に、うねうねとしたものが詰まっています。
これは、確か犬用のおもちゃのひもだったような。
犬や猫用のおもちゃは、いろんな種類がありますが、
与える時には「絶対に食べて飲み込まないもの」を選ぶようにしましょう。
市販のもののほとんどは、そのあたりに気を付けて作られていますが、
中には危ないものもあります。