ブログ

Blog

2021.01.02

誤食が続きます

年末、

誤食が続きました。
あるワンちゃんは、
吐かせる処置をしました。
また、あるワンちゃんは、
様子をみることにしました。
そして、あるネコちゃんは、
開腹手術をすることになりました。
ただ、
確実に「飲み込みました」ってこともありますが、
「食べたかもしれません」ってこともあります。
「絶対に変なものたべていません」ってことを聞いていて、
実際には食べていたってことも多いです。
レントゲンや超音波検査、
ここで判断できる場合もあります。
それでも、症状などから疑わしい場合には、
CT検査をする場合もあります。
小腸内 異物 2
誤食をしたワンちゃんのCT写真です。
斜め下からお腹を見ています。
皮膚から透けさせていきましょう。
小腸内 異物 3
骨と内臓が見えてきました。
さらに・・・
小腸内 異物
ほぼ骨と便と、何やら丸いものだけになりました。
小腸内 異物 ペイント
オレンジの矢印で示したものです。
これは、
開腹手術になりました。
やはり、
気を付けていても、
誤食をするワンちゃん・ネコちゃんはいます。
吐いて済めばいいのですが、
開腹手術となると大変です。