ブログ

Blog

2020.07.26

逆に、小さい腫瘤を調べるのに

大きくて、目立つ腫瘤があると

「見てください。こんなに大きな塊が・・・」
と説明するのにCTは便利です。
今回は、逆に
「見てください。こんなに小さい塊が・・・」
の例を載せてみます。
脾臓 皮膚なし
これは、左斜め上が頭の方向で、
斜め下から体を見ています。
皮膚はなく、内臓が見えています。
青色が太い血管で、茶色が肝臓や腸
紫が脾臓です。
その脾臓の中に、緑の塊が見えます。
これが今回の検査目的の腫瘤です。
脾臓 内臓なし
腸をなくしてみました。
脾臓 マス
脾臓だけを拡大し、裏側を見せています。
体の大きさから考えても、
脾臓の大きさから考えても、
けっこう小さいでしょ。
訂正!
これは腫瘤の小ささをアピールするために
検査したのではなく、
他に腫瘤が隠れていないか、
転移がないかを
調べたものです。
幸い、
他に腫瘤はないようです。