ブログ

Blog

2020.11.22

門脈体循環シャント その2

門脈体循環シャントは、

略してPSSとも呼んだりします。
さて、
このPSSですが、
診断には「おかしな血管」を見つける必要があります。
超音波検査で見つけることも可能ですが、
見落としなく探すためと、
手術を見据えるとCT検査が推奨されます。
例えば、
PSS 重症 1
これは、PSSと診断したワンちゃんの
お腹の断面です。
PSS 重症 1 ペイント
白く太い線で見えるのが血管で、
で囲ったところが、
「おかしな血管」です。
このワンちゃんは、
少し重度です。
「おかしな血管」も
分かりやすく、見つかりました。
PSSでも
軽度な場合もあれば、
疑って調べたものの違った場合もあります。
「おかしな血管」が見つかれば、
PSSと診断できます。
しかし、
見つからなければ、
「PSSではない」となります。