ブログ

Blog

2020.11.24

門脈体循環シャント その3

門脈体循環シャント(PSS)を疑う

全てのワンちゃんが
そうであるとは限りません。
疑う症状や血液検査結果がある場合、
CT検査を勧め、
実施します。
ただ、
「おかしな血管」がない場合もあります。
「おかしな血管」があった場合には、
診断は容易ですが、
ない場合は慎重になります。
だって、見落としている可能性があります。
また、
「おかしな血管」があった場合の、
検査結果はわかりやすく、
「その血管」が写っている写真を見せます。
ない場合の検査結果は難しく、
「ない血管」をどう表現するのか悩みます。
「肝臓の大きさを示す」という方法があります。
たいていのPSSのワンちゃんは、
肝臓が小さいのですが、
肝臓が小さくないことは
PSSではないことの一つの検査結果になります。
PSS 否定
これは、「PSSではないワンちゃんの
お腹の断面です。
PSS 否定 ペイント
オレンジで囲った三角の部分が肝臓です。
この大きさは、
正常といえるでしょう。
これに比べて、
PSSのワンちゃんの肝臓の大きさを比べてみましょう。
PSS 軽度 2 ペイント
どうですか?
上の写真と比べると、
小さいことがわかります
さらに重度のワンちゃんはどうでしょうか。
PSS 重症 4 ペイント
最初の正常のワンちゃんに比べると、
肝臓の大きさは半分くらいです。
このように、
PSSのワンちゃんの肝臓は
小さいことが多いのです。