ブログ

Blog

2020.12.07

門脈体循環シャント その5

門脈体循環シャント(PSS)

「おかしな血管」がある病気です。
なので、
「おかしな血管」があれば、
診断がつきます。
PSS 重症 1
例えば、この画像を見てください。
胸とお腹の境目の横隔膜あたりの断面です。
上が背中で、背骨が白く見えます。
周りを点線のように囲んでいるのが肋骨です。
その中の黒いところが、で、
その中の中心辺りに、肝臓が見えているのです。
このワンちゃんは、
PSSです。
PSS 重症 1 ペイント
血管造影をしているので、
血管が白く際立って見えています。
緑で囲った血管「おかしな血管」です。
結構太いようです。
見比べるために、
このワンちゃんより軽度のPSSのワンちゃんも紹介します。
PSS 軽度 1
見え方は、上の写真と同じです。
PSS 軽度 1 ペイント
緑の血管「おかしな血管」です。
始めのワンちゃんと比べてみてください。
血管の太さが違うでしょう。
このように同じ位置に「おかしな血管」があるワンちゃんでも、
血管の太さが違うように、
同じPSSと診断されるワンちゃんでも
いろいろなのです。
当然、症状もいろいろ、
治療もいろいろ。