ブログ

Blog

2020.09.24

門脈体循環シャントの治療経過とは その1

門脈体循環シャントという病気があります。

腸から吸収された栄養を運ぶ門脈という血管は、
普通は肝臓に入っていき、
肝臓から出てくる時に
後大静脈という血管に入っていきます。
その門脈から、
肝臓を経由せずに直接、後大静脈に入ってしまう
おかしな血管がある病気が
門脈体循環シャントです。
とにかく、
おかしな血管があって、
肝臓に血液が流れ込む量が減るのです。
今回は、
手術で治療をした前後を
CT画像で比べてみました。
PSS 門脈 前
これは、お腹の断面で、
白い管に見えるのが門脈という太い血管です。
赤の矢印おかしな血管を示しています。
血液の流れを説明したのが、下の画像です。
PSS 門脈 前 ペイント
普通の門脈の流れは、
オレンジの矢印の流れで、
その先に肝臓があります。
そこから分かれるように、
青い矢印のおかしな血管への流れができてしまっています。
そこで、
おかしな血管を閉じる手術を行いました。
PSS 門脈 後
赤の矢印で示したところを見てください、
おかしな血管が消えています。
一番上の画像を見比べると一目瞭然でしょう。
この結果、
肝臓へ入る血液の量が改善しました。
その画像は「その2」で紹介します。