ブログ

Blog

2020.09.26

門脈体循環シャントの治療経過とは その2

門脈体循環シャントの説明は、

前々回のブログで載せました。
簡単に言うと、
肝臓に入る血管が一部わき道にそれて、
肝臓に入る血液が少なくなっている病態です。
さて、
治療すると
肝臓に入る血液の量は増えるのでしょうか。
PSS 前 門脈枝
これは肝臓の中を走る血管を
確認したものです。
周りの肋骨は白いですが、
肝臓の中にも白い管が見えます。
これが、血管です。
これは、手術前のCT画像です。
ここから、手術を行い、
4か月後のCT画像が・・・
PSS 後 門脈枝
上の画像と比べると、
血管が肝臓全体に広がっているのがわかると思います。
実際に、症状にも良い傾向がみられています。