ブログ

Blog

2021.02.03

骨盤骨折は、立体で把握したいところです

骨折の診断には、

レントゲン検査を行います。
手が折れていたり、
足が折れていたり、
指が折れていたり。
骨盤骨折も
レントゲン検査を行います。
が、
骨盤は立体的な構造をしているので、
骨折をしていても
1か所だけ折れていることは、あまりなく、
数か所で折れていることが多いようです。
大体が、交通事故でしょうか。
レントゲン検査でも
ある程度の把握はできますが、
CT検査して、
立体で見た方が、明らかにわかり易いようです。
この場合、動きも少ないので、
麻酔をかけずに撮影もできます。
骨盤骨折 1
これは、骨盤を上から見たところです。
骨盤骨折 1 ペイント
オレンジののところで骨盤が折れています。
さらに、
黄色ののところで、太ももの骨(大腿骨)も折れています。
他にも折れていそうなので、
角度を変えてみてみましょう。
骨盤骨折 2
これは、前から見たところです。
骨盤骨折 2 ペイント
さっきのオレンジと黄色のところは、
同じところを示しています。
さらに、青の紫ののところで、
骨盤が折れています。
さらに、
骨盤骨折 3
斜め下から見てみましょう。
骨盤骨折 3 ペイント
ピンクののところで、
左の太ももの骨(大腿骨)も折れているようです。
このネコちゃんは、
外に出てしまったときに、
おそらく交通事故にあったのでしょう。
ネコを外に出すのは、
危険が多いようです。