ブログ

Blog

2020.07.13

CTの有用性(例えば、副腎腫瘍)①

これまでも

私たちの病院で撮影した
CTの画像を載せてきました。
今までは、
「こんな画像がありますよ」的な形でした。
今回からは初心に戻って、
そもそも、CTを撮影する理由やメリットを
説明していきたいと思います。
CTを撮影する理由は、
何と言っても
診断のため
治療方針(特に手術の必要性・適応性)を検討するため
そして、
飼い主さんに状態を理解してもらうため
だと思います。
今回、
右副腎に腫瘍を疑うワンちゃんのCTを
撮影しました。
これを見てください。
副腎 半透明
緑の塊が、
右の副腎です。
これは、③のための画像です。
CTで撮影すると、
白黒の断面で画像ができます。
この画像は、
それを3Dに処理したものです。
作成するのに、
手間と時間がかかります。
実際の診断では、
あまり必要のない画像です。
しかし、
「こんなところに、こんな大きさのものがありすよ」
には必要な画像です。
長くなりそうなので、
次回も説明を続けます。