ブログ

Blog

2020.07.14

CTの有用性(例えば、副腎腫瘍)②

診察にて、

「右の副腎腫瘍を疑います。
 被膜が破れていて、後大静脈浸潤を起こしていると思われます。」
これでは、何を言っているのか
わかりません。

「右の腎臓の上にある、右副腎という臓器に腫瘍が出来ていると思われます。
 かなり大きくて、後大静脈という大きな血管の中に入り込んでいるかもしれません。」
これでも、
なんだか悪そうだぞとは思うかもしれませんが、
よくわかりません。
そこで、
絵をかいてみたり、
飼い主さん向けの病気の説明が書いてある本を見せたり、
説明を続けます。
加えて、
CTの画像をわかり易く
見せることが出来れば、
より理解が深まることでしょう。
例えば・・・
副腎 皮膚
犬のお腹の3Dです。
右上が頭の方向で、右下から見ているようです。
さて、皮膚を透明にしてみましょう。
副腎 内臓
骨と、内臓がみえます。
さらに、脾臓や腸を取り除いてみましょう。
副腎 血管
大きな血管や腎臓は、
わかり易いように青色にしています。
黄緑の塊が見えます。
これが、問題の右副腎の腫瘍を疑っている塊です。