ブログ

Blog

2020.07.15

CTの有用性(例えば、副腎腫瘍)③

前回、載せた3D画像ですが、

診断のためには
あまり必要ではありません。
3Dの画像が手術の際に
有効である場合はありますが、
飼い主さんにわかり易く見せるために
作成していることがほとんどです。
副腎 血管
見せたいところを強調するために、
上の画像では、
腫瘤を緑色にして、目につきやすいようにしています。
体のどこにあるのか、体に対してどれくらいの大きさなのか、
理解してもらうために、
体の全体像を見せますが、
逆に腫瘤が小さく見えづらい時もあります。
副腎 カット
お腹の正面からの画像です。
大きな血管と腫瘤がある場所を
拡大しています。
全体像はわからなくなりましたが、
緑の腫瘤が、青でしめした大きな血管や腎臓
こびりつくようにくっついているのがわかります(よね?)。
体の向きも、
斜めの方がわかり易いのか、
正面の方がわかり易いのか、
画像を作る時に苦心します。
副腎 半透明
お腹正面、骨、血管、内臓、スケスケバージョン。
どの画像が
「見やすい!」
「わかり易い!」
と言ってもらえるのでしょうか・・・。
これらの画像を作るのに、
結構時間がかかります。
眼精疲労もつのるのです。