ブログ

Blog

2020.07.16

CTの有用性(例えば、副腎腫瘍)④

飼い主さん向けの3D画像を

載せましたが、
実際私たちが診断するために、
どんな画像を見ているのでしょうか。
副腎 カット
この様な、右副腎腫瘍を疑う場合に、
CTで何を判断しているのかと言うと・・・
①これが本当に右副腎なのか
②これは腫瘍なのか
③手術で摘出することはできるのか
④摘出する意味はあるのか
大きく、この4点でしょうか。
まずに関して
右副腎
これは、仰向けの断面で、頭が上になります。
右副腎 改
オレンジが右の腎臓青が左の腎臓です。
緑が問題の腫瘤で、
位置や血管の走行から
これは右副腎であると判断できます。
ちなみに、
左副腎
右の副腎を確認した後は、
当然、左の副腎も確認します。
左副腎 改
青が左の腎臓で、
左副腎は黄色で示したものです。
左副腎も少し大きくなっているようですが、
右に比べると大したことはありません。
なので、
に関しては、
「これは右副腎に間違いない」
となります。
次回に関して説明します。
つづく