ブログ

Blog

2020.07.16

CTの有用性(例えば、副腎腫瘍)⑤

右副腎 改

さて、右副腎だとわかりましたが、
次に(腫瘍なのか)に関してです。
これは、
端的に言うと、
「CTでは腫瘍かどうかはわからない」
になります。
CT検査は有用ですが、
画像だけで、腫瘍か腫瘍じゃないかを
判断することはできません(判断してしまうと危険です)。
最終的には、
病理検査と言って
その腫瘤の全部もしくは一部を
取ってきて検査する必要があります。
ただ、
「こんな風に見えると腫瘍の可能性が高い」
「これは悪性所見(癌っぽい)だ」
というものがあります。
これを総合的に評価して、
「腫瘍だろう」「癌だろう」
と判断します。
この「だろう」が抜けることはありません。
今回に関しては、
「腫瘍でしかも悪性っぽいぞ」
なるのですが、
それは次回の③④も含めて
説明します。
つづく