ブログ

Blog

2020.07.18

CTの有用性(例えば、副腎腫瘍)⑥

「右副腎」に「腫瘍」が出来ていそうだ。

前回は、ここまででした。
さて、今回は
手術で取れるのかどうかのお話です。
副腎は、
被膜といって
薄い膜で包まれています。
端的にいうと膜に包まれたままだと
手術はしやすそうです。
逆に、
膜が破れている(腫瘍が膜を破って飛び出している)と
手術は難しそうです。
また、
副腎の腫瘍で、特に悪性の場合には
近くを走る大きな血管の中に
入り込む場合があります。
当然、
大きな血管に入り込んでいると、
手術はかなり難しくなります。
副腎 静脈内浸潤
この画像は、お腹を縦に切った断面で、
白く連なっているのが、
太い血管(大静脈)です。
血管に入り込んでいるかは、
「入り込んでいる場所を見つける」
しかありません。
後大静脈浸潤 改
わかり易くしてみました。
オレンジで囲ったところが、
血管です。
で囲ったところが、
右副腎です。
赤の矢印で示したあたりで、
血管の中に、ぽこっと入り込んでいるように見えます。
どうやら、
手術は難しそうです。
つづく