ブログ

Blog

2020.11.07

3D画像はわかりやすいのか? その1

CT検査をした際に、

私たち獣医師は
断面の画像を見て
診断します。
しかし、
飼い主さんに説明する際には、
断面ではなかなか伝わらないのではないかと思うのです。
ただ、
飼い主さんがどうこがどう理解しているのか、
理解していないのか。
わかって欲しいことを、
実物大でわかってもらえているのか。
そこで、
3D画像を作成し、
見せて説明することが多いのです。
が、
元の画像は断面で、
3D画像はあくまでその断面をもとに
「作成」したものです。
いわゆる「編集」が入るのです。
そのあたり注意する必要があります。
また、
作り方によって
逆にわかりにくくなる場合もあります。
例えば、ワンちゃんのお腹の断面です。
仰向けです。
小腸肥厚
この断面のどこがおかしいかというと・・・
小腸肥厚 ペイント
オレンジのところです。
これ、「腸」なのですが、
で囲ったところは、
中央に黒く空気がありますが、
オレンジで囲ったところは、
腸自体が腫れているのです。
3D画像にしていみると・・・
小腸肥厚 3D
こんな感じです、
腸の流れがわかりやすくないですか?
特に、手前の細くてスッキリとした腸に比べると、
腫れている腸は、
ぶよぶよしてそうで、
おかしいですよね?
やたら「?」ばかりなのは、
「わかりやすさ」に自身のない現れでしょうか?
もっとわかりやすい画像作りを
目指すとしましょう。