ブログ

Blog

2020.06.12

CTで 歯のことで わかること

ヒトの歯科医院に行くと、
最近は歯のCTを撮ります。
椅子に座って、顎を所定の位置に乗せて、
ウィーンって機械が顔の前を行ったり来たりします。
以前は、
歯の裏にフィルムを指で当てて、
レントゲンをとりましたよね?確か?昔は?ね?
さて、
動物病院でも歯を専門にしている病院があります。

そんなところでは、歯科用のレントゲンをとります。

ちょっと特殊なものです。
私たちの病院には、
それはないのですが、
代わりにCTで代用することがあります。
例えば、こんな感じです。
歯槽骨 正常
顔の断面です。
この画像では、上の歯と上顎の様子が観察できます。
歯槽骨 融解
さて、これは別のワンちゃんですが、
上の歯と顎の骨をみてください。
拡大したのがの画像です。
歯周病 歯の隙間
オレンジで○を付けたところ、
本来白く映る骨がしっかりあって、歯と骨に隙間はないはずですが、
黒く抜けて、どうやら骨が解けているようです。
一番上の画像と比べてみても、全然違いますよね。
この歯のすぐ上に、眼球があるので、要注意です。