ブログ

Blog

2020.09.30

CTでどこまで診断できるのか

以前にも書きましたが、

CT検査で「腫瘤(しゅりゅう)」が見つかったとしても、
それが、「腫瘍(しゅよう)」なのか「非腫瘍」なのか
までは診断できません。
診断には、病理検査といって
細胞もしくは、腫瘤の一部を取ってきて
検査をする必要があります。
ただ、
CT画像上、
「この腫瘤は、腫瘍だ」と
言っていいような典型的なものがあります。
心山 マス_001
イヌのお腹の断面です。
肝臓に中に、
最大径108.1 mm大の大きな腫瘤があります。
この見え方は、
肝細胞癌」なのです。
だいたいの画像診断の本に、
登場していて、
典型的な特徴を持つ画像です。
でも、
飼い主さんに説明するときや
報告書を書くときは、
「そうだと思いますが、病理検査をしないと確定はできません」
という表現にします。
どんなに特徴的でも
CT画像で確定診断は・・・。