ブログ

Blog

2020.10.11

CT検査の造影剤

CT検査を行う際には、

造影剤というものを
血管から投与することがほとんどです。
人では造影剤を使うと、
しんどくなった
みたいな話を耳にしますが、
ワンちゃんやネコちゃんではどうのでしょうか?
実際はよくわかりません。
そもそも全身麻酔をかけてCT検査を行うので、
例え検査後にしんどくなったからと言って、
造影剤が原因なのか、
全身麻酔が原因なのか、
わかりません。
私が経験した範囲では、
他の全身麻酔をかけるものと比べて、
造影剤を使用したから特にしんどそうは
内容に思います。
さて、そもそも
なぜ造影剤を使用するのかというと、
特にお腹の中の臓器を見えやすくするためです。
造影剤がないと、
お腹の中の診断はほぼできないと言っても過言ではありません。
プレーン ペイント
例えば、これはお腹の断面で、
造影剤を投与する前です。
オレンジの矢印が示しているのが腎臓です。
骨は白く見えますが、
他の臓器にコントラストがほとんどありません。
ここに造影剤を投与すると・・・
動脈相 ペイント
オレンジ矢印でしめした腎臓が特に「白く」なって
わかりやすくなっています。
腎臓の外枠が特に白いですね。
それ以外の臓器も、白っぽくなり濃淡が出ています。
造影剤は、投与してからの時間の経過で
見え方が変わってきます。
上の画像から、少し時間が経つと・・・
平衡相 ペイント
オレンジ矢印腎臓ですが、
外枠が特に白かったところから、
全体が白くなっています。
さらに時間が経つと・・・
排泄相 ペイント
腎臓の中央が白くなり、
外枠の白さはなくなってきています。
このように、
造影剤は臓器を際立つので、
各臓器の診断がしやすくなります。
また、
時間の変化も診断には重要になります。