ブログ

Blog

2020.11.09

HPM という食事

私たちの病院では、

新しい薬や食事が出たときなど
メーカーさんにお願いして、
勉強会を開催しています。
今回は、
Virbac(ビルバック)さんに
フード(総合栄養食と療法食)の勉強会をしていただきました。
HPM セミナー資料
なかなか興味深かったので、
一部をご紹介したいと思います。
なので、
今回の内容は一部「宣伝」的な要素を含んでしまいます。
Virbacが販売する
HPMというフードは、
ワンちゃん・ネコちゃんが普通に食べる「総合栄養食」
何らかの病気に対して処方する「療法食」があるようです。

ちなみに、HPMとは
Hyper Premium Meal
の頭文字をとっているそうです。
なかなかなネーミングです。
一番の特徴は、
高タンパク質・低炭水化物
グルテンフリー
のようです。
HPM特徴
高タンパク質、特に動物性タンパク質というのは、
筋肉量を維持するのに
とても重要ということです。
HPM 筋肉量
確かに、
最近はヒトでも
食事中のタンパク質が不足しているとか、
プロテインを含んだ食品が流行っていたりとか、
筋トレが流行っていたりとか、
よく耳にするような気がします。
ワンちゃん・ネコちゃんでも
同じようです。
これだけ聞くと、
すごく良いフードのようですが、
気になる点もあります。
一つは、
便(うんち)が臭くなる。
ただ、
動物性タンパク質(つまり、肉)を多く採ると、
どうしても便は臭くなってしまいます。
もう一つは、
価格がすこし高いようです。
これに関しては、
動物タンパク質を多く入れると、
原価がどうしても高くなるようです。
米いっぱい食べるよりも、
肉いっぱい食べる方が
お金がかかる的な。
今回の勉強会は、
メーカーの学術担当の方の
説明が
とても上手く、
「使ってみたいな」という気持ちになりました。