ダクタリ動物病院京都医療センター

眼科

眼科

眼科

OPHTHALMOLOGY

眼科のご案内

動物の眼の疾患には、外傷などによる角膜潰瘍や、眼圧が高くなる緑内障、水晶体の変性が原因となる白内障などがあります。中には、失明に至る眼の疾患もあります。
眼科では、一般的な眼の疾患の治療や、専門医への紹介も行っています。ドライアイや核硬化症など、老化による眼の変化についても診療を行っています。

眼科専門医の診療について

眼科診療は、難治性の眼疾患、外科的処置が必要な場合において、眼科専門医の診療を担当獣医師よりご紹介させて頂いております。
当院では、ファーブル動物病院 眼科 山下 真先生が定期的当院に出向され眼科診療をされています。受診を希望される場合は、診療時に担当獣医師にご相談ください。

受診される方へお願い

当院で、山下先生の眼科診療を受診される方は、診療を円滑に行う為下記の点にご協力をお願いいたします。

  • 当院での山下先生の眼科診療は、当院で受診された方に限らせて頂いております。
  • 手術の種類(白内障手術、インプラント挿入術、角膜縫合術など)によっては、「ファーブル動物病院 眼科」にご来院頂き、手術を受けて頂くことになります。
  • 診療形態や診療費は「ファーブル動物病院 眼科」に準じており、当院とは異なりますのでご注意ください。
  • 山下先生の眼科診療は、完全予約制となっております。
  • 動物の眼の状態を把握するため、初めにご家族からお預かりし、暗室にて眼科検査を行います。検査終了後、病状についてご説明させて頂きます。
  • 眼科のみの診療となりますので、他の科の診療は受けることが出来ません。体調不良等がある場合は、事前に当院にご連絡頂き、眼科診療以外に予約をお願いいたします。
  • 通常当院にて行う耳処置や爪切りの処置サービスは、眼科診療時の際は基本お受けできませんので、ご了承ください。

次回の診療日程

次回の診察は現在未定です。日程が決まり次第、再度ご案内いたします。

診療時間は14:00~17:00《要予約》です。
診察を希望される場合は、担当獣医師にご相談ください。(2次診察となる為、当院の担当獣医師の紹介が必要となります。)

山下真先生のプロフィール

1993年北里大学卒業。
5年間の臨床勤務医を経て1998年オハイオ州立大学にVisitting ScholarとしてOSU Teaching Hospital,Department of Veterinary Comparative Ophthalmologyでの眼科研修を受ける。
2000年より大阪府門真市の「ファーブル動物病院」にて眼科部門を設立、眼科診療を行い現在にいたる。

眼科の主な疾患

角膜潰瘍

角膜潰瘍は代表的な眼の疾患で、流涙や充血・差明(目をショボショボする)など、ご家族様が気付きやすい疾患です。
潰瘍になる原因も、外傷・逆睫毛・ドライアイなど様々です。
潰瘍の原因を見つけ、早期の治療を行うことが大切です。

角膜潰瘍 角膜潰瘍

ドライアイ

動物のドライアイは、年齢・免疫疾患・マイボーム腺の機能低下など様々な原因により、角膜をまもる涙の量が低下することによりおこる疾患です。
はじめは、わずかな目やにや不快症状を示すことが多くみられます。
置しておくと、角膜表面が色素沈着を起こし、動物の視力の妨げになります。

画像をクリックすると切替わります

白内障

水晶体の変性により、進行すると視力を失う疾患です。
初期においては、ご家族様が“眼が白くなった”と感じることの多い疾患です。
治療せずに放置すると、視力低下以外にもブドウ膜炎や緑内障などに強い炎症を起こし、痛みを伴う眼の疾患です。
当院では、手術を希望される場合は専門医の紹介を行っております。

白内障
© ダクタリ動物病院 京都医療センター all rights reserved.