ダクタリ動物病院京都医療センター

整形外科

整形外科

整形外科

ORTHOPEDICS

整形外科のご案内

好きだった散歩に行きたがらなくなった。お気に入りのソファに飛び乗らなくなった。そんな変化はありませんか?
整形外科疾患はうちの子たちのQOL(生活の質)に大きく関わります。動物はどこがどのように痛いとは言ってくれません。当院では触診や歩様の観察を丁寧に行い、X線検査をはじめとする各種検査を適切に行うことで、うちの子の痛みに寄り添えるよう心がけています。各種外科手術にも対応しており、術後はリハビリ科と連携した長期的なケアを行うことが可能です。

椎間板ヘルニアとリハビリテーション

椎間板ヘルニアはプードル、シーズー、フレンチブルドックやダックスフントを代表とする軟骨異栄養犬種で多く発症します。
内科療法で改善することもありますが、重度の場合は手術が必要となります。
当院ではCT検査による病変部位および重症度の評価を行っており、その子に合わせた治療法を提案させていただきます。

症状

椎間板ヘルニアの症状は、病変の部位と進行状態によって様々です。
首附近(頚部)の椎間板ヘルニアでは痛みが強く症状として現れることが多く、重症になると麻痺に進行し自力で立ち上がることが難しくなります。
また、腰の椎間板ヘルニアの場合には、腰部の痛みより麻痺が多くみられます。
重症例では、自力で立ち上がれなくなる意外に、排尿や排便が困難になります。

症状

原因

椎間板ヘルニアはプードル、シーズー、フレンチブルドックやダックスフントを代表とする軟骨異栄養犬種で多く発症します。
飛んだり跳ねたりする激しい運動や、肥満、骨の老化などにより、脊椎でクッションの役割を果たす椎間板の負担が大きくなり、損傷する(髄核が神経を圧迫する)ことにより起こります。

原因

治療

手術は必ず必要?

椎間板ヘルニアの場合は、血液検査やレントゲン検査などを行った後、症状に合わせて非ステロイド薬やステロイド薬を用いた内科治療を行います。内科治療に反応が悪い場合は、椎間板ヘルニア以外の病気を疑ったり、外科手術適応かどうかを判断するためにCT検査やMRI検査をされることをお勧めします。

どんな治療方法があるの?

CT検査などの結果により、病変部の圧迫が顕著な場合は外科的治療をお勧めします。
外科的治療後は、積極的にリハビリテーションを行い、神経の機能回復を図ります。
リハビリテーションには、水中トレッドミル、レーザー治療、マッサージ治療などを組み合わせて行います。
また、内科治療でも、自宅での安静療法以外に、前述のリハビリサポートを行います。

予防

肥満防止のための食事管理はもとより、脊椎に負担のかかる階段の上り下り、滑りやすい環境の改善などを行いましょう。

整形外科の主な疾患

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアはダックスフントを代表とする軟骨異栄養犬種で多く発症します。内科療法で改善することもありますが、重度の場合は手術が必要となります。当院ではCT検査による病変部位および重症度の評価を行っており、その子に合わせた治療法を提案させていただきます。

骨折

抱っこをしていて落としてしまった、椅子から飛び降りてしまったなど、室内で骨折するケースが増えています。当院では骨折整復術においてLCP(Locking Compression Plate)システムを採用しています。骨折様式によっては外科手術が不要な場合もありますので、まずはご相談ください。

骨折

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨内方脱臼はポメラニアン、トイ・プードル、ヨークシャー・テリアなどに多い疾患です。重度の場合は膝関節炎や前十字靭帯断裂につながることもあるため、外科的矯正が必要となります。

画像をクリックすると切替わります

© ダクタリ動物病院 京都医療センター all rights reserved.