眼科

Ophthalmology

アイコン

Ophthalmology

眼科

長寿化に伴う眼のトラブルが増加中

アイコン

このような症状はありませんか?

  • 目やにが出る
  • 目を痒そうにする
  • 目が赤い
  • 目が白く濁っている
  • 物にぶつかるようになった

これらは眼科の疾患の可能性が疑われます。
眼は一度失明してしまうと再度視力を取り戻すことはできません。言葉を話せない動物たちの眼のトラブルに気付くのが難しいが現実です。気になることがあれば、なるべく早くご来院ください。健康診断も早期発見に有効です。

アイコン

Information

眼科のご案内

動物の眼の疾患には、外傷などによる角膜潰瘍や、眼圧が高くなる緑内障、水晶体の変性が原因となる白内障などがあります。中には、失明に至る眼の疾患もあります。
眼科では、一般的な眼の疾患の治療や、専門医への紹介も行っています。ドライアイや核硬化症など、老化による眼の変化についても診療を行っています。

イメージ
アイコン

眼科の検査一覧

フルオレセイン染色試験

眼の表面に傷がないかを調べる検査です。傷ついている部位を緑色に変色させます。

シルマー検査

涙が問題なく出ているのか調べる検査です。

細隙灯顕微鏡検査(スリットランプ検査)

角膜の傷の深さや、前房内に炎症がないか、白内障の進行程度、硝子体に変化がないかなどを検査します。

眼圧検査

眼内液の圧力を調べます。

眼底検査

眼底カメラを用いて、網膜、視神経などを観察します。高精度の検査を行える機器です。

アイコン

Sick

眼科でよくみる病気

アイコン

角膜潰瘍

角膜潰瘍は代表的な眼の疾患で、流涙や充血・差明(目をショボショボする)など、ご家族様が気付きやすい疾患です。
潰瘍になる原因も、外傷・逆睫毛・ドライアイなど様々です。
潰瘍の原因を見つけ、早期の治療を行うことが大切です。

アイコン

ドライアイ

動物のドライアイは、年齢・免疫疾患・マイボーム腺の機能低下など様々な原因により、角膜をまもる涙の量が低下することによりおこる疾患です。
はじめは、わずかな目やにや不快症状を示すことが多くみられます。
置しておくと、角膜表面が色素沈着を起こし、動物の視力の妨げになります。

イメージ
アイコン

白内障

水晶体の変性により、進行すると視力を失う疾患です。
初期においては、ご家族様が“眼が白くなった”と感じることの多い疾患です。
治療せずに放置すると、視力低下以外にもブドウ膜炎や緑内障などに強い炎症を起こし、痛みを伴う眼の疾患です。
当院では、手術を希望される場合は専門医の紹介を行っております。

イメージ
アイコン

For the owner

当院から飼い主様へ

白内障や緑内障などの眼の病気になると眼の色が変わるので、飼い主様がご不安な気持ちに駆られる気持ちはとても自然なことです。
例えば犬の白内障の場合、人と違って白内障を発症するのは若年性(6歳未満)であるケースもあり、若いうちから症状が進んでしまいます。眼の病気は予防が難しいため、やはり大事になるのはいかに早く見つけ治療を開始させるか、ということに尽きます。
「まだ動物病院に連れていかなくて大丈夫かな?」という考えが飼い主様の後悔を招くことのないよう、ぜひお早めのご来院をお勧めします。

イメージ
アイコン

Information

眼科の専科外来のご案内

当院では、眼科専門医の獣医師を月に一度お招きし、眼科の専科外来を開設しています。
眼科の専科外来は、難治性の眼疾患、外科的処置が必要な場合において受診をご案内させていただきます。

イメージ
アイコン

眼科専科外来の診療日

次回の診察は現在未定です。詳しくは当院の新着情報をご覧ください。
診療時間は14:00~17:00《要予約》です。

診察を希望される場合は、担当獣医師にご相談ください。(二次診察となる為、当院の担当獣医師の紹介が必要です。)

アイコン

Introduction

眼科の担当医のご紹介

山下真 先生

プロフィール

1993年北里大学卒業。
5年間の臨床勤務医を経て1998年オハイオ州立大学にVisitting ScholarとしてOSU Teaching Hospital,Department of Veterinary Comparative Ophthalmologyでの眼科研修を受ける。
2000年より大阪府門真市の「ファーブル動物病院」にて眼科部門を設立、眼科診療を行い現在にいたる。

お問い合わせ先

ダクタリ動物病院 京都医療センター

075-382-1144

  • 月〜土曜日:9:30〜14:00、16:00〜19:00
  • 日曜日:9:30〜13:00
  • 年中無休