泌尿器科

Urology

アイコン

Urology

泌尿器科

尿に関わる臓器を扱います

アイコン

このような症状はありませんか?

  • おしっこの回数・量が多い
  • おしっこがでない、トイレが長い
  • 血尿をする
  • 元気がない
  • 食欲がない
  • 嘔吐など

これらは泌尿器科の疾患の可能性が疑われます。
尿を作る臓器である腎臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、末期的な状態になってはじめて症状が出ることになります。これは言い換えると、定期的に健康診断を受診しない限りは発見するのが難しいということです。定期検診を受診しつつ、異変があれば早期の受診をお勧めします。

アイコン

Information

泌尿器科のご案内

泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱、尿道、前立腺などの疾患が対象となります。
泌尿器疾患の症状というと、一般的には、多尿、頻尿、残尿感、血尿、匂いのきつい尿、尿漏れなどがあげられます。しかしこのような症状でも、実際は内分泌疾患や子宮疾患、神経疾患、血液疾患だった、ということもよくあります。
また一見すると泌尿器症状ではなさそうな、背中を痛がる、元気がない、吐き気がある、痩せてきた、便秘気味だ、などの症状の原因が泌尿器疾患であることも多く見受けられます。
これらを的確に診断するための検査として、必須となるのが尿検査で、さらに血液検査、X線検査、超音波検査などを必要に応じて行います。これらによって診断がつかない場合には尿路造影やCT検査などを行う場合もあります。 尿検査は自宅での自然排尿での採尿が最も動物に負担なく行えますが、病院で特殊な方法での採尿が必要な場合もありますので、まずはお電話等で適切な採尿方法をご相談ください。

イメージ
アイコン

泌尿器の検査一覧

尿検査

尿にはたくさんの情報(菌、炎症細胞、腫瘍細胞、結晶など)が含まれています。膀胱炎、尿路結石などの泌尿器疾患はもちろん、腎臓病や糖尿病などを早期発見できることもあります。特に腎臓病は血液検査よりも尿検査の方に先に異常が出てくるのでとても重要です。

血液検査

尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cre)など腎臓の数値やイオンのバランスなどを調べ、全身状態を確認します。

超音波検査

腎臓や膀胱の内部の確認をします。

レントゲン検査

腎臓の大きさ、形態や結石を確認することができます。また、必要に応じて造影剤を使用することでさらに腎臓の詳細な評価が可能です。

CT検査

腎臓や膀胱・前立腺などを立体的にみることができます。
また、尿路結石が問題になる場合、尿石が腎臓や尿管のどの場所に詰まっているかについて正確な診断が可能です。

アイコン

Sick

泌尿器科でよくみる病気

アイコン

犬の膀胱炎

急性単純性膀胱炎は犬の泌尿器疾患の中で最も一般的です。主に頻尿、血尿、匂いのきつい尿などの症状が起こります。ほとんどが細菌感染によるもので、抗菌薬で治療します。

アイコン

犬の前立腺疾患

良性前立腺過形成は、高齢の未去勢雄で精巣ホルモンのアンバランスなどにより起こる前立腺の肥大です。前立腺炎は、前立腺が細菌感染などにより炎症を起こした状態で、泌尿器症状のほかに発熱、食欲不振、下痢、背中の痛みなどの症状が現れ、重篤な状態になることも多い疾患です。また、炎症によりさらに肥大した前立腺は、直腸や尿道を圧迫して排便困難、排尿困難を起こすこともあります。前立腺炎は良性前立腺過形成をもつ子に合併しやすい疾患です。

アイコン

泌尿器の腫瘍

泌尿器にも腫瘍が発生します。代表的なものは、膀胱の移行上皮癌、平滑筋腫、腎臓の腎細胞がん、リンパ腫などがあります。腫瘍も、初期は全く症状がでない場合や、膀胱炎などと同じ症状で始まることが多く、特に高齢の場合は軽い症状であってもきちんと検査を受けましょう。

アイコン

猫の下部尿路疾患

猫ちゃんの膀胱や尿道のトラブルをまとめてこう呼びます。猫ちゃんはとても膀胱炎になりやすく、その多くが特発性膀胱炎といわれる、はっきりとした原因がなく、ストレスなどの様々な原因で起こると言われるタイプのものです。これは治療がうまくいかずに長期化することもあります。また雄猫では、尿中の不純物が尿道につまり、おしっこが出なくなる尿道閉塞が問題となります。尿道閉塞は、急性腎不全や膀胱破裂などのリスクがある緊急疾患となります。特に男の子で、尿がぽたぽたしか出ない、トイレに頻繁に行く、トイレの時間が長い、粗相をしているなどがあれば、様子を見ずに早めに受診しましょう

アイコン

For the owner

当院から飼い主様へ

泌尿器トラブルは、飼い主様が日常で異変に気づくことが第一歩です。少しでも異変を感じることがあれば、それは既に体内で症状が進んでしまっているからかも知れません。
「まだ動物病院へ行かなくてもいいかな?」と思わずに、異変があれば、受診をおすすめします。
ご不安がない状態とわかれば、日頃の生活もよりきっとご安心いただけると思います。
当院では、動物病院は「病気になってからいくもの」ではなく、「健康を守りに行く場所」だと捉えています。ちょっとした相談から病気が見つかることも多くありますから、まずはお気軽にご相談くださいね。

イメージ

お問い合わせ先

ダクタリ動物病院 京都医療センター

075-382-1144

  • 月〜土曜日:9:30〜14:00、16:00〜19:00
  • 日曜日:9:30〜13:00
  • 年中無休